知人・クライアントからの紹介

dentaku
税理士の仕事を全く知らない人にとって、会計の記帳代行や税務申告をやってくれる専門家ぐらいのイメージしかありません。

どんなに人に紹介したくても場合に、

・紹介ルートの人が税理士の先生をどのような仕事(紹介)を求めているか
・相手にどのように説明すればよいか

が分からなければ、紹介のしようがありません。

税理士が申告業務の代理を行う職業であるということは、一般的にある程度の理解があります。
とくに確定申告の経験のないサラリーマンなどは、相続や起業等の様々な場面で、いつ、どの税理士に頼めば良いのか見当がつかないものです。

業務について、初対面の人に短時間でおおまかな説明できるようにしておきましょう。
その際は、税理士が税務だけではなく、さまざまな「お金周り」の問題を相談できる存在であるということを理解してもらいましょう。

より具体的に紹介ルートの人がイメージできるキーワードを伝えることが大事です。

お金の相談があったらなんでも相談してね

ではなく

相続税の計算で土地評価が非常に大事です。 
●●㎡以上の土地を持っている場合は、税理士でも専門知識がないと
相続税の計算を間違うことがあるので、もし広い土地を持っている
相続の相談があったら声をかけてください。無料で相談にのりますよ

というように具体的に伝える必要があります。

紹介において重要なことは

「信頼」
「好意」
「記憶」

です。

業務内容もさることながら、笑顔を絶やさず、親しみやすさをアピールすること、
そして初対面の人にはメールや手紙などで、できる限り接触を続け、
相手の記憶に定着させることが大切です。

忘れた頃に、「前にお会いした~ですが・・・」と、
連絡がきて、意外に大きな案件となることも珍しくありません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ