税理士もホームページ(WEB)戦略が必須

インターネット、ブロードバンドの発展は、ほとんどの事業において、広告戦略に極めて大きな影響を及ぼしました。

紙メディアへの広告掲載、チラシやDMなどから、主たる広告媒体がインターネット(ホームページ)に移ったといっても言い過ぎではないでしょう。

ネットの登場以前から競争激化の状況の中にある士業者にとっても、WEB戦略は必須となりました。

WEB戦略を確立することにより、事務所の強みを24時間アピールし、自動的に営業・集客できるようになったのです。

さらに、現在インターネット上には、ホームページの他、ブログ、SNS、メルマガなど多くの媒体が登場しています。

これらをうまく活用し、潜在顧客に効果的にアピールできれば大きな成果を生み出すことができます。

顧客が仕事を依頼するまでには
「探す」
「見つける」
というプロセスが必ずあるということはお話しました。

顧客が探す行動で利用するのがインターネットの「検索」です。

インターネット上に、自サイトにたどりつく様々な導線を用意することで低コストで濃いアクセスを集めることができます。

記事を書くという工数・労力はかかりますが、低コストで集客を実現できることにWEB戦略のの最大の魅力があるといえるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ