税理士が多く携わる業務は、中小企業の法人税、消費税などの税務をサポートすること。
これ自体は今後も変わらないものと思われます。

しかし会社、とくに黒字法人の減少傾向があり、税理士のメイン顧客となる市場は縮小しています。
一方で、高齢化や相続税の課税対象の拡大などにより、相続の分野ではマーケットが拡大することが予測されます。

法人税等のみを主な業務としていた会計事務所が、相続・事業承継業務にウェイトを変えたり、業務分野を広げる動きがあります。

しかし、そのような事務所の方針を見込み顧客に知ってもらうにはどうすれば良いのでしょうか。

税理士は一般的にも知られた職業ではあるものの、経営者以外には直接的にはなじみがありません。
とくに相続は急に発生します。その際、誰に相談して良いか途方に暮れる人は多いものです。

専門知識を持っているだけでは、顧客に認知され、選んでもらうことができません。
また、多くの税理士が相続分野に進出しているため、差別化も大事なポイントです。

具体的には、

・相続に特化したホームページをつくる
・相続に関する本または小冊子を執筆する
・無料相談会を開催する

その存在をしらせるために
インターネット広告やチラシの配布、メールマガジンの発行などが考えられます。

認知してもらった後に、他の事務所ではなく、当事務所が選ばれる理由を見込み顧客に対してしっかりアピールする必要があります。

具体的な方法については別ページで解説しますが、選ばれる税理士になるためには複数の告知方法と複数の導線をつくり、戦略的にマーケティングを行う必要があるのです。

関連キーワード
  • ダイレクトメールとWEBを連動させる
  • 名刺は相手によって種類を変える
  • セミナー開催・交流会主催のポイント
  • 知人・クライアントからの紹介
  • 人からの紹介は今も昔も強力
  • USPとは?
おすすめの記事
税理士顧問先開拓
ポジショニングを行ったあとに検討するのは、その差別化された商品を一般の人にわかるようアピールする方法。 顧客にその商品の価値を提案する「US...
WEB集客用語集
コーポレートサイトとは、企業や団体が外に向けて企業の基本的な情報を発信する役割を果たすサイトです。 企業理念、会社案内、社員紹介、サービス概...
士業交流会勉強会
【以下の交流会は終了いたしました(2012/1/20 勉強会・交流会23名 懇親会20名参加)】 士業交流会「みらい」では、異士業間交流を活...
WEB集客用語集
サブドメインとは、ドメインを切り分けて細分化させたものです。 このサイトのURLで説明しますと、 http://www.futurohoga...
集客ホームページ制作
■ ふたば総合法律事務所 弁護士 渡邉 智宏 先生 集客コンサルティングを受ける以前は、昔作った事務所のホームページを ほったらかしにしてい...