自社のサイトにアクセスがあった時、「どのWEBサイトを参照してきたか」という事が気になるかと思います。
自社のサイトにリンクを送ってくれた有難いサイト、この参照元サイトの情報をもつアクセスをリファラーと言います。
アクセス解析などで、リファラーは重要な項目のひとつです。
もっともアクセスを送ってくれるサイトはどこなのか、検索エンジンから来た場合はどのキーワードからやってきたのか、どのキーワードが効果的なのかなどを検証する材料になるからです。
しかし、ユーザー側がセキュリティーソフトを設定している場合など、リファラーの情報が解析できないこともあるので、リファラー情報はあくまでも概算としてとらえたほうが良いようです。
【対義語】 ノーリファラー

関連キーワード
WEB集客用語集の関連記事
  • チュートリアル(tutorial)
  • Flash
  • IPアドレス分散
  • リダイレクト
  • インデックス
  • キンドル(Kindle)
おすすめの記事
税理士顧問先開拓
税理士の仕事を全く知らない人にとって、会計の記帳代行や税務申告をやってくれる専門家ぐらいのイメージしかありません。 どんなに人に紹介したくて...
WEB集客用語集
SEMとは、Search Engine Marketingの略称で、 検索エンジンからのアクセスを増やすマーケティングの方法を指します。 検...
税理士顧問先開拓
税理士が多く携わる業務は、中小企業の法人税、消費税などの税務をサポートすること。 これ自体は今後も変わらないものと思われます。 しかし会社、...
集客ホームページ制作
ヒアリングから納品までの流れをご説明いたします。 【ヒアリング】 既存のHPの運用状況の確認 集客対象の明確化 【ご提案】 貴事務所の対象に...
WEB集客用語集
フェイスブックは、2004年にハーバード大学の学生が交流するために公開されたものが、爆発的な人気で広まり、今では世界中で使われているコミュニ...
WEB集客用語集
QRコードとは、携帯で情報を読み込むことが出来る二次元コードの事です。 よく、PCサイトで「携帯サイトはこちらから」という文言と共にモザイク...
WEB集客用語集
JavaScriptは、Web上で動作するプログラム言語のひとつです。 ボタンを押すと、メッセージが現れたり、動的なページに使われることが多...