弁護士、税理士、会計士、行政書士、司法書士、不動産鑑定士、弁理士などの士業がホームページで顧問先を新規開拓するコツをお伝えします。

税理士業務のポジショニング

自事務所を選んでもらうための導入部分として、まず業務内容による差別化を行う必要があります。 どの市場領域をター・・・

チュートリアル(tutorial)

チュートリアル(tutorial)とは、商品の使い方や基本操作、機能などを解説したものです。 昔は冊子などの紙・・・

顧客が税理士を選択するまでの過程

将来顧問先となるお客様が広告などを見て 「この税理士にお願いしよう」 と業務を依頼するまでには、必ず「問い合わ・・・

Flash

Flashは、音楽やアニメーション動画を組み合わせたデータを作成するための、Adobe Systems社製のソ・・・

税理士の「差別化」が必要なわけ

税理士が多く携わる業務は、中小企業の法人税、消費税などの税務をサポートすること。 これ自体は今後も変わらないも・・・

税理士の顧問先開拓マーケティング

税理士などの「士業」の業務は、税理士法など業法による独占業務と切っても切れない関係にあります。 税理士の独占業・・・

税理士広告解禁とメディアの変化

2002年に、税理士法改正により広告の原則自由化がなされたことも大きく影響しています。 自由化により、それまで・・・

IPアドレス分散

「IPアドレス分散」は、検索エンジンでの上位表示対策として、よく取り上げられる言葉です。 検索エンジンで上位に・・・

税理士数の増加と黒字法人数の減少

日税連によると、平成25年3月末時点で、税理士登録者数は73,725人。 10年前を見ると、平成15年は66,・・・

税理士業界は二極化時代へ

「税理士として開業したものの、顧問先を獲得することができない」 「記帳代行業務の低価格化が止まらない」 といっ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ